So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

任意売却後の残債務 [借金問題]

任意売却が終わったあとの住宅ローンの行方?

任意売却が終わった後に残る住宅ローンの未返金金額のことを残債または残債務と言います。

この残債は返済義務があります。

また、この残債は債務(不良債権)という一種の商品になります。

この不良債権は、債権回収会社に譲渡されます。

なかには、債権回収会社別の債権回収会社へ次から次へと転売される場合もあります。

そして、債権回収会社が変わる度に、通知が来て、連絡をするように催促を求められる場合もありますので注意が必要です。

任意売却後の住宅ローンは消えない!

任意売却が終わると返済仕切れなかった住宅ローンは消える。と誤解をされて方もおられますが残債は消えません。

任意売却後には取られる担保が無い状態なので、残った債務は返済をしなくても大丈夫だとアドバイスをしている業者もいるようですが、債権者に悪質だと判断された場合には "給料の差押え" もあり得ます。

ごく少数ですが、『取られるものが無くなるので逃げ切りましょう!』と勧めているアドバイザー、業者がいるのが現状です。

数年後に発覚してしまい "給料差押え" されるようなことに陥ってしまった場合に業者の責任にする事は出来ません。 "逃げ回る方法" は、オススメいたしません。

任意売却は終了後の事も考えて業者の選定をされることをオススメいたします。

物件引渡し・決済の際、債権者と抵当権の解除の調整をしますが、同時に、売却後の残債務の支払い額を調整するのですが、それらの相談も可能な業者かどうか事前に確認することをオススメします。

※任意売却が終わりますと債権回収会社と交渉出来るのはご本人または弁護士・司法書士に限られます。

※競売の場合、債権者もある程度は貴方の収支の状況を考慮はしてくれますが、一方的に月々の返済額の指定をされます。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。