So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

用語集(ま行) [借金問題]

【 ま行 】

●みなし弁済
みなし弁済とは、本来無効である利息制限法の上限金利を超える金利を合法と認めるという例外規定のことです。利息制限法によると、年率15%~20%を超える利息は取ることができない、というのが原則です。しかしお金を貸す人が以下の要件を全て満たしている場合は、例外的に利息制限法を超過した利息を取ることも有効とみなされます。これがみなし弁済です。実際にこの例外規定を認めてもらうには、次の5つの条件をすべて満たし、それを照明することが必要です。
① 業者が貸金業者としての登録を受けていること
② 業者が貸付を行う際に、貸金業規制法17条で定める書面を交付していること
③ 業者が弁済を受ける際に、貸金業規制法18条で定める書面を交付していること
④ 利息制限法を超える約定利息を、債務者が利息と認識した上で支払ったこと
⑤ 利息制限法を超える約定利息を、債務者が利息として任意に支払ったこと
上記の要件を満たしている業者はほとんどありません。また、みなし弁済の適用に関しては、最高裁も厳しく判断を行う立場を明確にしており、現実的には裁判ではみなし弁済はほとんど認められていません。

●民事再生法
民事再生法は、平成12年(2000年)4月1日から施行された比較的新しい法律で、倒産しかけた会社の再建手段として、それまであった和議法に代わるものとして施行されました。再建型の倒産手続きには会社更生手続きもありますが、民事再生手続きの特徴は、債務者自身がそのまま財産管理や事業を続けながら再建を行なえることが特徴です。

●民事執行手続き
債権者が民事訴訟等で判決が確定し自己の権利が認められても、債務者がその判決に従って債務の履行をしなければ意味がありません。そこで、国家の手によって債権者の有する権利を強制的に実現する手続きが民事執行手続きです。

●無担保債権
無担保債権とは、文字通り担保がない状態の債権。競売や任意売却で不動産を売却して債務残った場合、無担保債権となります。無担保であっても債権は残っているため、もちろん請求はきます。債権者と交渉し、払える範囲内で少しづつでも支払っていくのがいいでしょう。 無担保債権だからといってを返済しないでいると、給料の差し押さえをされることがあります。

●免 責
一般的には責任を問われることを免れることをいいます。
破産手続きにおいては、この免責を裁判所に許可されて初めて債務から解放(借金がチャラ)されます。したがって自己破産される場合は、自己破産の申し立てと同時に、免責許可の申し立ても必要となります。裁判所は免責を許可するかどうか破産者の審理をおこないます。破産原因によっては免責不許可となることもあります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

用語集(は行) [借金問題]

【 は行 】

●破 産
債務者が経済的に破綻して、債務の完済をできなくなった状態のことで、またそのような状態の場合に、裁判所が債務者の総財産を包括的に管理・換価して、すべての債権者に公平に分配できるようにする裁判上の手続きのことをいいます。

●売却基準価額
売却基準価額とは不動産を競売するにおいて、執行裁判所が評価書の評価をもとに定めた不動産の価額です。売却基準価額の約80%の金額が、買受可能価額となります。

●ハンコ代
任意売却でのハンコ代とは、後順位抵当権者に対して、いくらかの代金を支払うことにより抵当権の抹消に応じてもらうことです。任意売却をするには、すべての抵当権などの担保権を抹消しなければなりません。しかし、担保権には優先順位がありますから、売却代金が後順位抵当権者まで全て配当されるとは限りません。(ほとんどの場合、後順位抵当権者には廻りません)1円も回収できないのに担保を外すことはできない、と言う後順位の債権者の事情もあり、いくらかの解除料を支払って抵当権を抹消してもらうことになります。この解除料が、いわゆるハンコ代です。

●ブラックリスト
一般的にブラックストに載ると言われますが、実際にはそういったリストは存在しません。では、ブラックリストとは何なんでしょう。私たちが住宅ローンを組んだり、銀行から融資を受けたり、消費者金融からキャッシングしたりすると、この情報は記録されます。
「いつ、誰が、どこから、いくら借入したか」「完済したかどうか」といった情報が『個人信用情報』として記録されます。この『個人信用情報』を金融機関は共有して登録・閲覧することができます。銀行協会は【全国銀行個人情報センター】、クレジットカード・信販・リース・消費者金融等は【CICクレジット情報】【CCBクレジット情報】【テラネット】 などに登録します。 普通に返済し、滞りなく完済していれば問題ありませんが、返済が何ヶ月も滞ったりすると信用情報に特記事項として記録されます。この特記事項を『異動(事故)情報』と言いますが、『個人信用情報』にこの『異動(事故)情報』が登録されると『ブラックリストに登録された』となります。この情報の登録期間は情報機関によって違いはありますが一般的に5~7年登録されます。

●保証人
主たる債務者が債務を履行しない場合に、その者にかわって履行すべき債務(保証債務)を負う者のことです。住宅ローンの場合、保証人・連帯保証人・連帯債務者以外に、保証会社に保証料を支払うことによって、保証会社が保証人となります。また、保証人となった保証会社は、債務者の支払いの不履行に備えて不動産に抵当権を設定します。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

用語集(な行) [借金問題]

【 な行 】

●任意整理
裁判所などの公的機関を利用せず、債権者と債務者との話し合いによって、お互いが合意した上で借金を整理する方法です。任意整理をする場合は、弁護士・司法書士に依頼するのが一般的です。

●任意売却
住宅ローンなど融資を受けている人(債務者)が支払いが困難になった場合、債権者(金融機関)との合意に基づいて不動産を処分する手続きです。不動産を売却しても住宅ローンが完済できず残債が残ってしまう状況で、債務者と債権者の間に不動産業者などが入り、不動産を競売にかけずに売却を成立させることです。

●入札保証金
裁判所の行う競売物件の入札に参加する場合、裁判所が定めた最低売却価格の20%に相当する金額を裁判所の口座に収めなければなりません。納め方で最も一般的な方法は、裁判所から受け取る専用の銀行振込用紙で電信振込みをしてから、裁判所提出用と書いてあるものを裁判所に提出するという方法です。

●根抵当権
根抵当権とは抵当権の一種で、普通抵当権が住宅ローンを借りる時など特定債権の担保として設定されるのに対して、根抵当権は、将来借り入れる可能性のある分も含めて、不特定の債権の担保としてあらかじめ設定しておく抵当権のことです。借入可能な限度額を「極度額」として定めておけば、この範囲なら何度でも借りたり返したりでき、最初に根抵当権の設定登記をすれば新たに借り入れる度に登記する必要がなく、手間と登記費用の節約にもなります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー
前の3件 | -