So-net無料ブログ作成

不動産の任意売却とは [借金問題]

任意売却とは、住宅ローンなど融資を受けている人(債務者)が支払いが困難になった場合、債権者(金融機関)との合意に基づいて 不動産を処分する手続きです。

不動産を売却しても住宅ローンが完済できず、残債が残ってしまう状況で、債務者と債権者の間に不動産業者などが入り、不動産を競売にかけずに売却を成立させることです。

競売の場合、落札後まで価格は分かりません。

市場価格の6~7割程度になることが多いです。

売却代金での債権者への支払いが足りない場合は、せっかく購入した不動産を処分しても、 残債務(借金)が多く残ってしまいます。

これは債権者である金融機関にとっても嬉しくないことです。

少しでも高額にて売ることができれば、債権者へより多くの返済ができます。

そこで、不動産業者が仲に入り、債権者の同意を得て、いずれは競売される不動産を一般の不動産市場に売りに出して、市場価格に近い価格で売却を試みるのが任意売却です。

下記のような方は、専門家にご相談ください。

●不動産を売りに出してるが売れなくてお困りの方
●他社の物件査定で「残債が残るので売却は無理」と断られた方
●離婚などにより、一人での住宅ローン
●月々の住宅ローン返済でお困りの方
●出費が多く、住宅ローンの返済が滞っいてる
●ローンの催促状が届くようになった
●このまま返済できないと、競売にかけられてしまう
●税金などの差押えが入ってしまった

任意売却は、債権者と話し合い合意の上で、双方が納得する価格で不動産を売却することです。

両者が納得しての売却ですので、その後の住宅ローン残債が大きく減ることになり、 新たな生活をスタートすることができます。

競売よりも任意売却のほうがお客様にとって絶対有利です。

競売開始決定通知が届き、悩まれている方が多いのではないでしょうか?
しかし、諦めないで下さい!  必ず問題解決の方法はございます!

不動産競売開始決定通知後は、そのまま放っておくと早ければ約6ヶ月後には競売にかかります。・・・そして、家を追い出されてしまいます。

猶予はおおよそ6ヶ月しかございません。 お早目にご決断が必要になりますので、お早目に専門家にご相談されることをオススメします。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。